ブログ

人工甘味料は危険!肥満や糖尿病になる

  • 2016年02月25日

今日は、人工甘味料について(#^.^#)

減量や糖尿病予防のために使われている人工甘味料で
耐糖能異常が起きるという研究結果が報告され、
話題を呼んでいますよね。

体重や糖尿病が気になる人は、「カロリーオフ」や「カロリーゼロ」と表記された商品をつい手に取ってしまいませんか?

しかしイスラエル・ワイツマン研究所のエラン・エリナフ博士らの研究チームは、一般的に使用されているサッカリン、スクラロース、アスパルテームなどの人工甘味料は、カロリーがゼロであっても耐糖能異常を起こすことをマウスとヒトの実験で証明しました。

研究チームは、砂糖をカロリーのない人工甘味料に替えても体重が減少しない原因を長年追求してきました。
その結果。
人工甘味料の大半が吸収されずに腸に到達することから、腸内細菌に注目し、マウスに抗生剤を与えて腸内細菌を一掃したところ、耐糖能異常は起きませんでした。

研究チームが人工甘味料を投与したマウスの腸内細菌の組成を調べると、より肥満や糖尿病を発症しやすい組成に変化していたそうです。

ヒトでも同様のことが起きているのでしょうか?

研究チームは、7名の健康な男女を対象に、アメリカ食品医薬品局(FDA)が定める1日当たりの最大摂取量の人工甘味料を5日間摂取した後に耐糖能異常を調べました。
その結果、7人中4人に耐糖能の著しい低下が認められ、腸内細菌の構成に大きな変化が認められたそうです。

糖尿病や肥満を予防するためには、これからは砂糖だけではなく人工甘味料も避けたほうがよさそうですね。
(文=白澤卓二/医学博士、順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)

と、長くなりましたが来週もフォトやりまぁす☆°∵
また、写真もアップ致しますね(#^.^#)

インディバサロン ラ・ヴィベル
大阪市中央区平野町2-5-12
みすや21ビル 3階
06-6222-0666
地下鉄 御堂筋線 淀屋橋駅13番出口(野村証券さんの角を東に入ってください)

女性専用ご予約専用ダイヤルはこちら090-9098-0462 メールでのお問い合わせはこちら オンライン予約はこちら QRコード
Epilation脱毛 Bridal Course ブライダルコース Customer’s Voice インディバサロン ~ラ・ヴィベル~ オフィシャルブログ

ACCESS アクセス

インディバサロン la vie belle
〒541-0046 大阪府大阪市
中央区平野町2丁目5−12
みすや21ビル 3F
インディバサロン
CopyRight © la vie belle All Rights Reserved.