ブログ

ジャンクフードと認知症

  • 2016年05月21日

皆さま こんにちは(#^.^#)

今日は、ジャンクフードフードと
認知症の関係についてお書きしますね。

米オレゴン州立大学とオレゴン健康科学大学
研究者の方達が「オレゴン脳加齢研究」に参加した
米国人の平均的な食生活を送る高齢者
104人を対象に、血液検査を行いました。

対象となった高齢者の平均年齢は87歳。

その結果、野菜や果物に多く含まれる
ビタミンB、C、D、Eや、魚やナッツ類に
多く含まれるオメガ3脂肪酸が
血中に多い高齢者では、
認知能力テストの反応が速く、
脳萎縮が抑えられていることが分かったそうです!

「特にトランス脂肪酸は、認知能力や
脳萎縮の両方で有害であることが分かった」
そうなんですね!
トランス脂肪酸の多いジャンクフードを
あまり食べない方がよいことを裏付ける
結果になった」としています。

「栄養素の摂取状況が脳組織に大きく影響している。
今回の研究は、高齢者に果物と野菜をもっと
食べることを勧める理由を付け加える結果になった」
とラッシュ大学医療センターのChristy Tangney氏らは
述べていました(#^.^#)

研究が進むにつれて色々分かってきますねぇ!
また、何かお勉強しましたら
掲載してゆきますねぇ\(^o^)/

今日も良い1日を☆°∵

女性専用ご予約専用ダイヤルはこちら090-9098-0462 メールでのお問い合わせはこちら オンライン予約はこちら QRコード
Epilation脱毛 Bridal Course ブライダルコース Customer’s Voice インディバサロン ~ラ・ヴィベル~ オフィシャルブログ

ACCESS アクセス

インディバサロン la vie belle
〒541-0046 大阪府大阪市
中央区平野町2丁目5−12
みすや21ビル 3F
インディバサロン
CopyRight © la vie belle All Rights Reserved.